観光情報

竹野浜から車で15分ほど走ったところに開湯1500年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地「城崎温泉」があります。
海水浴や釣り・マリンスポーツを楽しまれた後、しっとりとした城崎温泉の温泉情緒を堪能していただけます。

城崎温泉の有名な風景として石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木。 この古い湯治場の風情を残す城崎温泉では7軒もの外湯が点在しており、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴が楽しめます。 城崎温泉街を浴衣姿でそぞろ歩く観光客で城崎温泉は縁日のような賑わいをみせています。
また、この城崎温泉は湯治場としての歴史が長いため名所旧跡も多くあります。古い社寺や文豪や歌人のゆかりの地に建てられた文学碑巡りも楽しみの一つです。


外湯めぐり

城崎は外湯めぐりの発祥の地と言われてます。 城崎温泉街をそぞろ歩きながらの外湯めぐりは温泉を楽しむ醍醐味でもあります。

一の湯【いちのゆ】[開運招福の湯]
一の湯【いちのゆ】

この一の湯は桃山様式の歌舞伎座を模した建物で、内部には山肌を削って造った半露天の洞窟風呂の他 貸切家族風呂・足湯もあります。

城崎温泉 湯の里通り
[ご利用時間] 7:00~23:00 
[定休日] 第二・四火曜日
[連絡先]0796-32-2229


地蔵湯【じぞうゆ】[衆生救いの湯]
地蔵湯【じぞうゆ】

城崎温泉駅から駅通りを歩いていると、灯籠と玄武岩をイメージしてデザインされた地蔵湯の建物が目につきます。
館内には大浴場と貸切湯があり、源泉から出たという地蔵尊を玄関前にお祀りしています。

城崎温泉 駅通りつきあたり
[ご利用時間] 7:00~23:00
[定休日] 第一・三水曜日
[連絡先]0796-32-2228


御所の湯【ごしょのゆ】[美人の湯]
御所の湯【ごしょのゆ】

南北朝時代の歴史物語「増鏡」に後堀河天皇の御姉、安嘉門院が入湯されてたと記されている事に由来した「御所の湯」。
平成17年7月に四所神社の隣に移転、地元産の杉丸太をくみ上げてガラス屋根にした「天空露天風呂」、京都御所を模した「御池庭」などがお目見えします。  

城崎温泉 湯の里通り 四所神社の隣
[ご利用時間] 7:00~23:00 
[定休日] 第一・三木曜日
[連絡先]0796-32-2230


柳湯【やなぎゆ】[子授けの湯]
柳湯【やなぎゆ】

中国の名勝西湖から移植した柳の下から湧き出たという伝説を持つ柳湯は浴槽が深く、湯温が少し高いのが特徴です。
開湯の時を知らせる太鼓台、通り抜け出来る待合路地などが湯の町らしい風情を漂わせています。

城崎温泉 湯の里通り
[ご利用時間] 15:00~23:00 
[定休日] 毎週金曜日
[連絡先]0796-32-2097


まんだら湯 [一生一願の湯]
まんだら湯

城崎温泉街から少し奥まった山すそにあり、屋外には木製の桶風呂が設けられています。
城崎温泉の温泉寺の開祖、道智上人の八曼荼羅一千日祈願によって湧き出たという仏縁にちなみ、昔から建物は唐破風様式となっています。

城崎温泉 木屋町通り 曼荼羅橋そば
[ご利用時間] 15:00~23:00 
[定休日] 毎週月曜日
[連絡先]0796-32-2194


鴻の湯【こうのゆ】[幸せを招く湯]

城崎温泉街の最奥に位置する外湯、鴻の湯の庭園風呂は山の湯のような閑かさ。コウノトリが足の傷を癒していたことから発見されたと伝わる外湯です。

城崎温泉 湯之町通りより城崎大会議館方面 
[ご利用時間] 7:00~23:00 
[定休日] 第一・三火曜日
[連絡先]0796-32-2195


さとの湯 駅舎温泉 [ふれあいの湯]

雄大な円山川の流れを見下ろす展望露天風呂や数種類のサウナなどを備えた新しいタイプの外湯で、日本最大級の駅舎温泉でもあります。 和風と洋風の浴場に分かれ、男湯と女湯の日替わり制。ハーブの香りに包まれ、滝や列車の音に耳を傾けながら入浴をお楽しみ頂けます。

城崎温泉駅 駅舎温泉 
[ご利用時間] 7:00~23:00 
[定休日] 第二・四木曜日
[連絡先]0796-32-0111